« まだまだ復旧作業は続いています | トップページ | 産隆大學応援團秋ツアー開催地 »

2007年5月17日 (木)

映画『記録黎明』

5月9日の朝日新聞の国際面の1面に大きく特集されていた
日中合作映画『記録黎明(きろくれいめい)』って名前ちょっと覚えておいて下さい。
これ実は僕出演する予定でしたが
一時撮影の話が暗礁に乗り上げ予定が見えなくなったときに
僕は舞台の出演が2本決まりまして(しがらみと産隆)
その直後に撮影プランが明確になり
見事に予定が丸被りで泣く泣く断った作品なんですよ。

日本と中国の役者とスタッフが参加し
中国政府全面バックアップで
企画当初は名もなきインディーズムービーだったかも知れない作品が
見る見る超大型プロジェクトへの変貌を遂げました。

その背景には色々な要素が複雑に絡みますが
この記録黎明(きろくれいめい)と云う映画は
日本の敗戦後満州に残った日本の映画人の動きで
日中双方の人々が政治の波にもまれ
戦火に追われながら映画作りを復興させようと
協力し合う様子を伝える映画。

これ凄く中国では問題作というか話題作になってるみたいで
今度ハリウッドで制作される南京大虐殺を題材とした映画では
完全に日本人が敵として残虐な行為をする鬼畜として
描かれてるの対し記録黎明は日本人と中国人の映画つくりに対する
熱き思いや友情を描いた映画。

中国で放映される映画は全ての作品で政府のチェックが入りまして
かなり厳しいチェックなんですよ。
日本人が敵に描かれる映画のチェックは問題なしですが
それが反対に日本人が味方として描かれてるのにかなり問題でして
台本も結構撮影の過程で変更があったと聞きました。

しかしこの友情を描いた映画自体に中国政府のGOサインが出ることが
素晴らしいことでして中国政府の中でも
日本を友好的に捉えてる方が居るのだという証のような作品です。
この作品に出演出来なかったのは残念でしたが(実は僕準主役演じる予定でした)
この作品の行く末をちゃんと見守りたいと思ってます。

主演は僕の親友でありTVドラマ『電車男』でバスケット選手の手塚役を好演した
テイ・リュウシン
The Winds Of Godの映画で一緒に特攻隊員の一人として参加し
それ以来一緒に自主映画を撮ったり
一緒によくパチンコに行ったり(笑)役者であり親友であります。

新聞の最後にはこうありまして
「記録黎明」の完成予定は6月。
その後当局の審査を経て、どのような作品に仕上がるかはまだ不透明だが
今夏には中国で公開される見通しとなっている。
日本での上映は未定だ。

中国で公開が予定通りされれば中国全土は勿論の事
アジア全域に広がりますので
規模は小さくなっても日本での公開はされると思います。 

最後に新聞に書かれてた映画のストーリーも載せておきますね。

<映画「記録黎明」のストーリー>

「満州国」の首都とされた新京(現在の長春)にあった
「満州映画協会」の日本人スタッフの多くは、
敗戦後も中国に足止めされた。
中国共産党と国民党の激しい内戦の現実に直面する長春で、
中国人映画カメラマンの郭進は共産党を後ろ盾にし、
日本の映画人の協力を得て、新たな中国映画をつくろうと立ち上がる。
日中双方の人々が「映画をつくりたい」との気持ちで思いを一致させ、
友情が芽生えていく。

監督・向陽
主演・テイ・リュウシン
日本側の出演者
豊永伸一郎
坂本三成
・人見将之
  他。

中国の側のスタッフの詳細は分かりませんが
ヒロイン役の女優が実は日本人で単独中国へ渡り
いま大人気の女優に成長してる子がいるそうで
そんな情報はまだ全然日本に入ってきてないですが
これから確実に世に出てくる女優がヒロインだそうでして
日本側の男は全員映画のThe Winds Of Godメンバーですし
本当に楽しみな映画だなと。

押忍!

|

« まだまだ復旧作業は続いています | トップページ | 産隆大學応援團秋ツアー開催地 »

コメント

とても興味深い内容ですね。覚えておきます、この映画。日本で早く公開されるといいですね。勝さんが出演出来なかったのはとても残念ですが、私はそのお陰で舞台で活躍する勝さんを見ることが出来たのでラッキーですね。(笑)

職場や友達、教えてきた生徒・・・周りに沢山中国の方がいます。それ以外にもちょっと中国と深い関わりがあって、ここ数年中国のことを知ろうと思って本を読んだり、聞いたりしてます。
日本と中国との関係・・・とてもデリケートな部分があるのでここでは私個人の意見は控えさせて頂きますが、日本と中国がもっと友好的な関係へと発展することを願います。

私は周りに中国語話者が沢山いてとても恵まれた環境にいるにも関わらず、中国語が話せません。(汗)
だって、あまりにもみんなが日本語上手なんですもん。(苦笑)私が中国語勉強するより、みんなに日本語を教えた方が早いんですよね。。。

台湾や中国へ旅行に行く時には知ってる単語を言ったり、書いたりして今のところは何とかなりました。現地に日本語の上手な友達もいるし。(笑)
とは言え、やっぱり必要な場面が多々あり少~しだけ勉強をしていたんですが、それも1月末まで終了・・・。でも少しでも勉強した中国語を忘れるのはもったいないなぁと思っていた矢先、先週から会社で中国語講座が始まりました。勿論、受講しています。日常会話とかは求めていないんですが、せめてコミュニケーションが
取れるくらいまでなりたいなぁと思ってます。難しいけど頑張ります。

投稿: あい | 2007年5月23日 (水) 13時39分


>あいさん
世界中何処にいってもチャイナタウンありますよね。
んでイタリアとかのチャイナタウンで飯食った時なんですが
英語通じないし中国語も喋れないしって思ったんですが
なんとなく漢字を見つめてたら意味が分かりますね(笑)
食べたい物食べれました。
僕の友人でメチャクチャ三国志に詳しくて
漢字が得意なやつがいるんですが
一回中国から来た人とと(その人は英語話せたいんですが)
筆談でちゃんと意味が通じ合ってたときは
面白かったですよ(笑)

この映画が日本で公開されることを僕も願ってます。

押忍!

投稿: 勝 | 2007年5月31日 (木) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだまだ復旧作業は続いています | トップページ | 産隆大學応援團秋ツアー開催地 »