« 富士の御来光 | トップページ | ベリーダンス »

2007年8月27日 (月)

富士山から下山してきて

バスの本数が少なく(1時間に1本)
下山してきてちょっとのんびりしようと思ったら
売店のお兄ちゃんの叫び声が
「すぐにバス出ますよ!御殿場行きバスすぐの発車です!」
余韻もなんもあったもんじゃない。
やっぱ僕の性格なんですかね。
誰か他の人と行ってたら絶対すぐに飛び乗らず
富士山の余韻を茶でも飲みながら話したりもするんでしょうが
一人だと『待つ』『モタモタ』が大嫌いでして
条件反射でバスに飛び乗りました(苦笑)
勿論席はなく立ったままで
運転手さんのアナウンスで御殿場駅まで1時間ほどだそうで
荷物置くスペースもなかったので
重い荷物背負ったままバスに揺られました(笑)
いま富士山で問題にもなってる駐車スペースが足りない事による
路上駐車から発生する渋滞。
それだけなら仕方ないのですが
このバス・・・ってか運転手の余りにもモタモタ振りに
イライラしておりまして(苦笑)
それも会社か同僚にか知りませんが
ずっと無線で喋りながら
特にカーブにさしかかったところで絶対に自分の方から
無線機取って喋るんですよ。
それで運転が上手けりゃ問題ないですが
運転が下手くそのうえ鈍い(怒)
制限速度40キロを守るのは当たり前ですが
対向車もない見晴らしのええ一本道でも
ずっと20キロぐらいで走りよるんですよ(笑)
信じられます?
だんだんムカムカしてきまして。
けど子供連れの方や特に乗り合わせた人には海外から観光客ばかりで
そんな中で運転手に怒鳴り散らして切れてもなぁとか
色々考えながら運転手見たら
ちょっと暖かい日差しとのんびり運転のおかげで
ウトウトしたんですよ(苦笑)
アカンこのバス乗ってたらぶち切れて喧嘩になるか
俺が運転手の座を乗っ取りそうだと思い
おまけに運転手の名前紹介プレートみたいなのの
名前の上に「このドライバーは110万キロ無事故走行中」みたいな文句が書かれており
「そりゃ自転車に抜かれる速度で走ってて事故なんかおきるかい!」
とツッコミをいれそうになったので
ってか実際自転車に抜かれました・・・マジですよ。
んでこりゃもう限界だと感じ
次の駅で降りました。
そこから御殿場までの歩きが長いのなんのって(笑)
頂上であれだけ寒かったのに
下界は炎天下での歩き。
(夏なので当たり前ですが4時間前まで凍え死にそうになってましたので)
こりゃぁ気合入れて歩かないと倒れるなとちょっと思いました。
御殿場までの表示通り歩くと
途中で125cc以下のバイクと人が通れない自動車道にぶつかり
なんと遠回りさせられまして
まぁええかと気ままに歩いてましたら
何処かで見た憶えのある門とそこに入っていく
乗ったことがあるトラックが・・・
ってここ北富士駐屯地じゃあ~りませんか(爆)
3年前に靖国神社で顔合わせし
この北富士駐屯地の第1特科隊での経験が
映画『The Winds Of God』の始まりで
いまでも深い絆で結ばれた仲間達との出会いと始まりの場所。
なんか胸が熱くなりまして
思わず中に入ろうかと思いましたが
写真撮って門に向かい敬礼をしその場を後にしました。
(写真は載せると怒られそうなので載せないですし
敬礼は陸スタイルで無帽ですので当たり前ながら10度の敬礼)
なんか清清しい気分になり
歩いてましたら御殿場まであと8キロの文字が。
まだあと8キロもあるんかぁ・・・流石に足の状態えげつないなぁと思ってたら
バス停を見つけ
何気に時刻表見たらやっぱり1時間に1本しかなく・・・ってあれ?
もうすぐ来るやん!?
って喜んでたらすぐにバスがやってきました。
なんちゅータイミングやねん(爆)
Why Notで乗り込みましたよ。
今度のバスは軽快に飛ばしてくれまして
目茶目茶イケイケでしゃかりきな運転手さんで
ストレスなく御殿場駅に到着しました。
070826_10450001
真っ直ぐ家に帰らず途中で温泉に寄って
汗を流してから家に帰りました。
家に帰ってすぐに寝ましたとさ(笑)
またいつか突然企画でなんかにチャレンジしたり旅行に行って
その模様を携帯から更新しながらってを
やる事があると思いますのでその時はよろしく!
押忍!

|

« 富士の御来光 | トップページ | ベリーダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士の御来光 | トップページ | ベリーダンス »