« 三重県最終夜 | トップページ | 四日市ワークショップ2日目 »

2007年11月20日 (火)

四日市ワークショップ1日目

三重県は四日市市に開催されたワークショップに
リスさん(松本匠)さんと共に行って参りました。
高校の演劇部の子達や一般の社会人の方も含め
多くの方が参加してくれました。

来年に四日市で舞台『しがらみの向こうに』のPRも兼ねての
今回のお仕事でしたが
なんせ僕は勿論のことリスさんもワークショップという形で
初めて顔を合わせる方に「演技とは?」みたいなのは初めてでして
どうなるものかと
ちょっと蓋を開けてみるまでドキドキでした。

って言っても前の日四日市について
酒飲みながらご機嫌なライブを堪能し
余り綿密に多くの事を決めないで
大体の流れだけさくっと決めて
所謂、よく演出家の方や劇団で開催されてるワークショップの形ではなく
いつもRISU PRODUCEの舞台で
稽古中や本番前にはこんな事やりまっせみたいな
空気を味わってもらい
その合間に自分たちが今まで経験したことなんかも踏まえて
ワークショップを行おうと。

11月17日(土)9時に集合しスタッフ皆集まって打ち合わせ。
今回の催しはワークショップだけではなく
三重県金融広報委員の方が来られて
「振り込め詐欺」についての講座や
今回の会を発足し実行した
発意企画実現集団ドーナッツの理事長である長尾さんが自ら講師を務めての
講義もありのそんなイベントでした。

勿論僕とリスさんも消費者講座は
1受講生をして一番後ろの席で参加。
Img_3776

10:00~11:00まで
三重県金融広報委員アドバイザーの堂田さんの話に
真剣に耳を傾け講座を受けました。
途中堂田さんが
「しがらみの向こうに」の事に触れ
来年の舞台は騙す詐欺側の話ですから
そんな詐欺師に騙されない為にはってのを
話してる時はちょっと笑ってまいました(笑)
だってその後に騙す側の舞台やった人が出てきて講義するって
おもろいでしょ?(笑)
Img_3769

Img_3782 そして11:00~お昼まで
企画実現集団ドーナッツの理事長長尾さんによる
参加した人が打ち解け解り合う事を目的とした
体験学習プログラム。
僕たちも勿論参加しましたが
凄く僕自身勉強になったいい方法だなと。
まぁ細かな説明はさて置き
途中で参加者同士でジャンケンをし
勝った方が負けた方に次に何を出すか?を
声に出さず気持ちで送り
もう一回ジャンケンしてあいこなら
伝える方受け取る方の気持ちが一致したことになる(まぁ勿論運もありますが)
ってゲームをやったんですよ。
そんで負けた方が席を替わってまた別の人と。

Img_3783 僕結構一致しまして
リスさんも別の方で3回連続とかで一致してまして
そうなると皆の注目は
役者の二人がこれをすれば?みたいな空気になり
リスさんと一緒にやる事に(笑)
リスさんが始めにじゃんけんに勝ち僕に送る。
僕としてはこれを当然受け取り
皆の前でビシッと!・・・お約束のオチといいますか全然違いまして(爆)

勝「リスさん!僕らこれからワークショップやるのに洒落なりませんやん(笑)」
リ「なんかやりにくなったね(爆)」

と会場大盛り上がりで昼食へ。

Img_3798 Img_3799
午後の13:00~16:00までの3時間
ワークショップがスタートされました。
今回は役者志望の方だけではなく
演劇部だけど将来は特に役者を目指してなかったり
一度舞台に立った事あるけど今は・・・とか
妻に連れられての方や
会社を定年退職し余生を有意義に過ごす為に
芝居をやり始めました方を含め
多種多彩な参加者の皆さん。

世間一般で開催されてる演劇のワークショップとは
全く異なる空気です。

けどそんな事はどうでもよく
いつも僕たちがやってる事に触れていただき
演劇が少しでも好きになってくれたらええねって
想いでいつも通りやりました。

Img_3810
軽く走り汗を流してストレッチ。
ストレッチしながら参加者全員の自己紹介。
皆の自己紹介の合間に
リスさんと僕がツッコミを入れたり
Img_3813 Img_3834 「そういえば」みたいなノリで色々体験談を話したりして
一通り紹介が終わった流れで
レピテーションの話に。
メソードアクティングの一環で行われる訓練法なんですが

堅苦しい説明は抜きで
要は相手の気持ちを感じ受け取って
自分の気持ちを相手に送る。
今回はワークショップでありがちである
細かな技術云々というよりは
相手が居ての自分の演技なので
いかに自分と相手とで
うわべだけでなく
気持ち、感情のやりとりがちゃんと出来るかに
重点をおいてやりました。

リスさんが今まで自らがやって経験してきた
方法を用いて
Img_3904 Img_3906 ランダムに選んだ相手同士で前に出てやってもらい
Img_3909 僕はそれを観てる人に
今やってる人の感情の変化とか
ここの部分をちょっと注意して見てて下さいみたいな感じで
一人一人回り耳元でボソボソ言ってました(笑)

最後にリスさんが用意した
舞台『しがらみの向こうに』と『ゼロ番区』の
台本の中から一部シーンを選んで
実際にやってもらいました。

Img_3928 Img_3935
Img_3952 気持ちの方向性とかを一緒に作っていく感じで
僕には馴染みのリスさんのスタイル。

リスさんの熱心な演技指導に真剣に耳を Img_3939 傾け
繰り返すうちに
目に見えて変化する参加者に
僕も「流石リスさん!」と眺めてました。

時間もあっという間に過ぎ
会は無事終了。
リスさんの熱い指導と情熱に
会を開いてくれた方々も大喜びでした。

会場を出てFM四日市にゲストで出演しまして
進行の山本さんとリスさんと僕で
15分程度の来年の舞台の宣伝を兼ねて
話しました。

夕食はその山本さん行きつけの
めちゃ美味い中華料理屋で
長尾さんたちと軽く初日の成功を祝いながら呑みました。

|

« 三重県最終夜 | トップページ | 四日市ワークショップ2日目 »

コメント

おはようございます。

こんだけ書かれると僕の書くことあらへんやん。

これ報告所にパクらさせていただきます。

お疲れ様でーす!!!

投稿: おせんべぇ | 2007年11月20日 (火) 07時24分

ワークショップ、是非見学したかったです。(笑)

私もテーマは勿論全然違いますが、ワークショップに参加したりしてます。でも、どちらかと
言うと主催する側やワークショップを見学させてもらう立場のが多いかも。。。

何かを伝える、教えることってホンマに難しいですよね。一つの事を教えるにしても色んな方法があるじゃないですか。それをこの人にはこういう方法で伝える方がいいって見極めんとあかんし、内容も受ける側の人がどんどん興味を示すような魅力的なものじゃないとあかんし。これは常に私が悩んでることなんですけどね。(苦笑)

今回ワークショップを受けた方のコメントを読むと、伝える側と受ける側のバランスがとれた充実した内容やったんがわかりました。

あぁ、ホンマに見学したかったです。次は是非東京で。(笑)

勝さん自身も勉強になる部分が沢山あったようですね。助手とはいえ、伝える・指導する立場にいた勝さんは私のような立場とは違う別の視点で今後の芝居を観られるということですね。これもまた勝さんにとっては良い刺激になるんじゃないですか?

投稿: あい | 2007年11月22日 (木) 02時19分


>おせんべいさん
こちらこそ大変お世話になりました。
ほんま来年の四日市公演今から楽しみですね。
ミクシイのフォトアルバム拝見させてもらいましたよ。

>あいさん
いやぁ今回のワークショップは是非
参加してもらいたかったですよ。
今回初めて教える側にたって思ったのは
自分が当たり前のように理解してることを
改めて一から伝えるのは
なかなか面白い。

今回はほんま匠さんがやるってことで
参加させてもらいましたので
僕自身が今後教える方に回るってのは
無いと思いますよ?(笑)

投稿: | 2007年11月24日 (土) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三重県最終夜 | トップページ | 四日市ワークショップ2日目 »