« ちゃくちゃくとええ体になってきた(笑) | トップページ | 初の合同稽古 »

2007年12月23日 (日)

河野悠里

産隆大學応援團で共演した河野悠里が出演する
ミュージカル『君に捧げる歌』を観てきました。
産隆を通じて出会った共演者はほんま精力的に
活動してますわ。
ほんでもってミュージカルが多い。

1年で普通の芝居よりミュージカル観た回数の方が多いですわ(笑)

いやはやなんかほんま若さ溢れるというか
歌に踊りにガンガンやってました(ミュージカルやから当たり前ですが)

悠里の役は中国人の学生。

勝「なんで中国の役やる人は{○○あるよ~}って語尾になるねん?」
悠「いやぁやっぱそれ言わないとお客さんが判らない時があるんですよ(笑)」
勝「やっぱそういうもんか?」
悠「そういうもんちゃいますか?」
勝「ふむ・・・まぁそれはええとして関西弁の女の子関西人ちゃうやろ?」
悠「やっぱ大阪の人が見たらバレますか?」
勝「大阪出身のお前が中国人役で大阪弁使う子らが訛ってるのは笑えたな」
悠「それ観るとこちゃいますやん」
勝「ふふ」

071222_22150001 とまぁこんな別にどうでもいい会話をした後
中野新橋にあるご機嫌な居酒屋『ごち屋』で
ちょこっとだけ一緒にご飯食べて帰りました。

25日まで池袋の東京芸術ホールでやってますので
ミュージカルが好きな人は行って見て下さいな。

|

« ちゃくちゃくとええ体になってきた(笑) | トップページ | 初の合同稽古 »

コメント

ほぃ、アルヨの語源。
何処かのブログより拝借してきた。

これはかつて日本政府が満州国を傀儡(かいらい)国家にした際、現地の満州人に教えた「協和語」に由来します。これは日本語から「てにをは」の助詞を省略した簡易な日本語で、日本人と満州人の意思疎通に用いられました。例えば「これは○○です」は「コレ○○アル」となります。
日本の敗戦によって使われなくなりますが、その後漫画や漫才などで中国人のセリフとして用いられ、次第に中国人のしゃべ る日本語としてのイメージが定着しました。 

投稿: ヴァイケル | 2007年12月23日 (日) 22時49分


>ヴァイケル
なるほどそんな流れがあったんやね。
勉強になりました。

投稿: | 2007年12月24日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちゃくちゃくとええ体になってきた(笑) | トップページ | 初の合同稽古 »