« Shisui deux | トップページ | 隙があれば・・・ »

2008年7月22日 (火)

フラガール

映画『フラガール』が公開されたのは2年前でしたね?
僕は去年DVD借りて観たんですが面白かったです。

そんで産隆大學応援團で共演した同じ大阪出身の女優
河野悠里が出演してるので観に行きました。

兎に角舞台セットが豪華で
大きな舞台もええもんや色々感心しながら見てました。

舞台版『フラガール』は映画版を踏まえて割と忠実に物語りは進んでいきました。

いやぁ悠里はがっつり踊ってましたね(笑)

舞台後お茶しながら久々に少しだけですが話ししました。

080720_18040001


同じ大阪出身で
僕は大きな舞台に立たせてもらったのは産隆大學応援團が初めてで
河野悠里は大阪の劇団に居た時に産隆大學応援團のオファーを受けて
東京に上京してきた。
そういえばパンフ用の写真撮影の時はまだ大阪に住んでて
東京に通ってたんやなぁとか
そんな思い出話もしつつ楽しいお茶時間でした。

舞台を観てる途中大勢のバックダンサーの中で踊る河野悠里を見ながら
僕はふと今井雅之さんとの会話を思い出した。

産隆大學応援團の舞台では本番前のアップがてら
オープニングの歌と踊り。
東さんの歌
僕のダンシングオールナイト
女子全員の踊りは毎公演サウンド・照明チェックも兼ねてリハーサルするのですが

「Love&Joy」(タイトルあってるかな?)のリハーサル中
たまたま今井さんの横に座ってたら

今「勝、どや?」
勝「はい、なんか分からんですが気がついたら自然に最後は悠里見てますわ」
今「だろ。主演やメインの役を演じる人間には人を惹き付ける何かを必ずもってるんや」
今「別にだからって確実に売れるかなんかこの世界やから判らんが・・・だけど売れた人間は皆そんな才能を持ってるんや」

努力で補うことは勿論可能であるが
やっぱり芸能界でメインを張る所謂売れてる人は
生まれながらに「人を惹き付ける」才能を持っている。

今井雅之さんだけでなく
東貴博さんもなんでか気がついたら悠里を見てると言ってた。
多くは語らんが今井さんと同じ気持ちだったんじゃないかと。

最後に今井さんが
これから先河野悠里が売れるかどうかなんかは
色々な絡みもあるし、そんな簡単な世界じゃないから分からないけど
売れたときに皆が「あぁやっぱりアイツ売れたんや!」って納得するモノを持ってると。

その時の言葉を思い出しながら
大勢居るダンサーの中で何故か気がつくと
河野悠里の表情が目に入る。
別に特別奇を衒った行動をしてる訳ではない。
(まぁそんな事勝手に端役がしたら演出家に激怒されますしw)

けど何故か見てしまうのは悠里がそういう才能を持ってるんだなと。


お茶をしながらこれからの目標や自分のやっていかなければいけない事を
目をキラキラさせながら話す悠里を見ながら
生まれながらに才能持ってるやつが
こんなにガンガン頑張ってるんやから
俺なんかもっとがっつりやらなアカンやんと
なんか発破をかけられた(笑)


年末には小劇場で演技重視の芝居をやるそうである。
どっかで河野悠里の名前を見つけた時は
時間とお金が余ってたら是非見てあげて下さい。
なんとなく今井さんや僕が思ってる事が判ると思いますよ?(笑)

押忍!

|

« Shisui deux | トップページ | 隙があれば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Shisui deux | トップページ | 隙があれば・・・ »