matsumotomasaru.cocolog-nifty.com > photo

背番号21ポール・オニール

背番号21ポール・オニール

1996年にNYに留学し
初めてヤンキースの試合をヤンキースタジアムに観に行き
ポール・オニール選手の球の見逃し方に痺れファンになった僕は
次の日ショップにシャツを買いに行き
未だにこれ着てます。

Paul Andrew O'Neill
1993年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。移籍後は打撃の確実性が増し、6年連続で打率3割以上をマーク、1994年には打率.359で首位打者を獲得した。不動の3番打者として、4度のワールドシリーズ制覇に貢献、1990年代後半のヤンキース黄金時代を支えた。

2001年限りで現役引退。